8月(葉月) | 記念品人気トレンドニュース最新情報速報

8月(葉月)最新情報の一覧

盆踊りの由来や歴史、始まった背景とは

夏の日の夜にどこからか賑やかな音楽が聞こえてくることがあります。小さい頃、町内会などが主催する盆踊り会などで、やぐらの周りをまわりながら音頭にあわせて踊った、という思い出がある方もいらっしゃるかと思います。夏の風物詩ともいえる盆踊りですが、その由来や歴史についてはあまり知られていないようです。この記事では、盆踊りの意味や由来を紹介します。

盆踊りとは

盆踊りとは

「盆踊り」は、お盆にお迎えした先祖の魂を送りだし、地域の人々が親睦を深め、交流する場です。毎年8月13日から8月16日のお盆の時期には、あの世のご先祖の霊が現世に戻ってきて供に過ごすものとされています。お盆には、お墓参りやお供え物、迎え火や送り火などをして、ご先祖をもてなすのが習わしとされており、盆踊りもその1つです。8月16日が盆明けということから、8月15日の晩に行われることが多く、賑やかに踊りうたって先祖を送り出すという意味合いもあるようです。広場や公園、神社やお寺などにやぐらを組んで、その周りをまわりながら音頭にあわせて踊るという形が一般的ですが、列になって練り歩く行列形式の踊りもあります。

盆踊りには、どういうものがあるか

お盆の時期には全国各地で盆踊りがおこなれますが、地域によって様々な特色があります。「阿波踊り」は400年の歴史をもつ徳島の盆踊りです。なかでも、徳島市阿波踊りには、毎年およそ130万人の人手があり、国内最大規模です。阿波踊りには、勇壮な「男踊り」と美しく上品な「女踊り」があり、三味線、太鼓、鉦鼓、篠笛などの伴奏にのって、連(れん)と呼ばれる踊り手のグループが踊り歩きます。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」という「阿波よしこの」でも知られています。
「西馬音内盆踊り(にしもないのぼんおどり)」は、秋田県雄勝郡羽後町西馬音内で行われる盆踊りです。西馬音盆踊りは、先祖の霊を慰めるとともに豊年満作を願う、700年もの長きにわたって受け継がれてきた伝統的な行事です。囃子方、踊り手、篝火が繰り広げる優雅で幻想的な世界に観客は魅了されます。
「郡上おどり(ぐじょうおどり)」は、岐阜県郡上市八幡町(通称「郡上八幡」)でおこなわれる盆踊りです。毎年7月中旬から9月上旬までの32夜にわたって行われ、日本一長い盆踊りとなっています。なかでも、8月13日~8月16日までの3日間は「徹夜踊り」が開催され、大変賑わいをみせます。風情ある郡上八幡の町並みを背景に行われる盆踊りです。
徳島県の「阿波踊り」、秋田県の「西馬音内盆踊り」、岐阜県の「郡上おどり」をあわせて「日本三大盆踊り」といいます。これら三大盆踊り以外にも、青森県の「黒石よされ」、長野県の「新野の盆踊り」、沖縄の「エイサー」なども個性的な盆踊りといえるでしょう。また、日本からの移住者が多い海外でも盆踊りが行われているところがあります。南米ブラジルの「マツリ・ダンス」や、ハワイの「Bon Dance」などです。

盆踊りが始まった由来

盆踊りの始まり

盆踊りには、もともとは仏教行事であったという説、また原始信仰の儀式であったという説など諸説ありますが、ここでは仏教行事説をみていきましょう。
平安時代中期の僧侶である空也(くうや)は念仏を広めるために、念仏をリズミカルにうたうように唱えて、人々に覚えてもらおうと工夫したといわれています。この念仏にあわせた踊りが「踊念仏」です。鎌倉時代に入ると、この踊りを一遍上人(いっぺんしょうにん)が全国に広めることとなります。一遍は踊り念仏に関して「念仏が阿弥陀の教えと聞くだけで踊りたくなるうれしさなのだ」とコメントしたといいます。やがて、念仏を唱える人と踊る人に分かれるようになり(念仏踊り)、先祖を迎え供養する盂蘭盆(お盆)とむすびついたものが「盆踊り」の始まりです。

娯楽的な要素が強まる

念仏踊りは次第に仏教的な意味合いよりも民族芸能的な意味合いの方が色濃くなり、娯楽的な要素が強まるようになります。人々は華やかな衣装や、振り付け、道具、音楽などを競うようになり、室町時代の始めには太鼓などをたたいて踊るようになったといわれています。
江戸時代には、盆踊りは地域の人々の交流の場として、また男女の出会いの場としての機能ももつようになりました。当時のお盆は旧暦の7月15日で満月であり、月明かりでも過ごせたこと、また当時は男女が一同に集まる機会が少なく、男女の気分が高揚しやすかったことがその理由だといわれています。
明治時代には風紀を乱すとの理由で警察による取り締まりが行われ一時衰退するものの、大正時代には復活し、その後全国各地で再び開催されるようになり、現在まで受けつがれているのです。お盆の時期に旅行をする機会があれば、ご当地の盆踊りに参加して地域の人と一緒に踊り、踊りをとおして交流を深めるのも旅の思い出になる楽しい過ごし方かもしれません。

盆踊りの由来や歴史、始まった背景とはShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


防災週間とは~いつ頃行われるのか、その目的とは

防災週間には各地で避難訓練などの防災の疑似体験を含めた啓発活動や、広く防災について知ってもらうための広報活動などが行われています。日本はその地形や気象的な背景から地震や台風などの災害が多く、防災週間はそういった災害にあった時の避難方法や対処方法などを改めて考えることができる期間です。この記事では防災週間がいつ行われるのか、またその目的や内容などをご紹介していますのでぜひ参考になさってください。

防災週間の目的

防災の日が定められた理由

日本は、過去何度も地震や台風などで甚大な被害を蒙っています。防災の日がなぜ9月1日なのかは、1923年の9月1日に起こった関東大震災に由来しています。関東大震災は地震によって家屋の崩壊や津波、火災などあらゆる災害に襲われ、10万人以上もの死者や行方不明者を出した過去最大級の災害となりました。
また、8月31日から9月1日は、暦日によると立春から210日目の「二百十日」にあたり台風がきやすい日とされています。時期的に台風が多く襲来する季節でもあるので、注意喚起の意味を込めて伝えられてきたのでしょう。実際にこの日に台風が来るというわけではありませんが、1959年に伊勢湾一帯を襲った伊勢湾台風は甚大な被害で今なお語り継がれています。
このような背景があり、1960年の閣議決定により9月1日が防災の日に制定されました。その目的は政府や自治体だけでなく、国民自身が災害に対する心構えと防災への意識を高めるためです。防災の日には広く災害に対する喚起や広報を目的としたイベントが各地で行われています。

防災週間を行う目的

防災に対する意識づけは一朝一夕で培われるものではありません。誰しも平和な日々を送っていると、災害が来るかもしれないということは忘れてしまいがちです。9月1日の防災の日には防災の意識を高めるために様々なイベントが開催されますが、その一日だけをクローズアップするだけでは防災の重要性を伝えきれないところもあるでしょう。
防災週間は防災の日を起点とし、その日の前後に防災への取り組みを実施することで広く防災の大切さを認識していこうというものです。防災週間には啓発ポスターが貼られたりといったPR活動が行われています。その活動を通して、多くの国民が災害に対する危機管理意識を持ってもらえるよう取り組む期間と言えます。
また災害や防災といってもさまざまです。台風によるもの、地震によるもの、それらが起因の2次3次被害など挙げればきりがないでしょう。地域のハザードマップを確認する、防災用品に不備がないか点検しておくなども防災週間に行っておくべき目的です。

防災週間とはいつ行われるもの?

防災週間の実施時期とは

防災週間は9月1日の防災の日を含む一週間の期間となりますが、1983年5月に行われた内閣府の中央防災会議において実施期間が8月30日から9月5日と定められました。この期間に全国各地で防災に関する催しや活動が行われていきます。その年や自治体によっては期間を長く取ったり多少日にちが変わることもありますが、基本的にはこの期間が防災週間になります。
また、1995年には1月17日が「防災とボランティアの日」と制定されました。これ以降、毎年1月17日は防災とボランティアの日で1月15日から21日までが防災とボランティア週間となっています。これは1995年の1月17日に発生した阪神・淡路大震災を受けて制定されたもので、災害時に対する自主的な防災活動だけでなくボランティア活動への認識や充実を図ることが目的です。

防災月間とは

防災の日と防災週間は9月に定められていますが、同じく9月は防災月間とも認識されています。特に記念日などに制定されているものではありませんが、9月は、1日の防災の日やそれを含む防災週間があることでさらにそれを拡大して広まっているようです。
防災に関する記念日は、防災の日や防災とボランティアの日以外にもいくつかあります。5月の水防月間は、1986年の台風10号に対して行われた水防活動がきっかけで制定されました。6月の土砂災害防止月間は、1982年の七月豪雨を受けて制定されています。また、11月5日は2011年3月11日の東日本大震災での津波被害を受けて津波防災の日と制定されました。日本はさまざまな災害を経験していますが、それらを教訓とできるよう制定されているのがこれらの記念日です。

防災と減災とは

最近では防災だけでなく、減災への取り組みや活動が高まっています。防災が災害による被害を出さずに防ぐということを目的としているのに対し、減災は災害による被害があることを前提とした上で、その被害を減らそうと考えるのが目的です。防災用品を備えておいたり家具が倒れないように固定したりなど、災害にあっても少しでも被害を減らせるように日頃の心掛けでできることがあります。防災週間はそういった行動へのきっかけを作る役割を持っていると言えるでしょう。

防災週間とは~いつ頃行われるのか、その目的とはShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


わずかに現存する貴重な旧八朔の風習

「旧八」とも呼ばれる旧八朔は旧暦の8月1日で、農業に従事している人が大半だった頃には大きな意味を持つ日でした。かつてはさまざまな風習がありましたが、今では名残りを一部にとどめるのみになってしまいました。現在でも残っている各地の八朔祭や、ゆかりの商品などを解説します。恵みの秋を迎え、秋冬に向けて体調を整えるためにも活用してみてはいかがでしょうか。

旧八朔に関する豆知識

旧八朔とは

朔日はついたちという意味があるので、八朔とは八月朔日すなわち8月1日のことです。つまり、旧八朔とは旧暦の8月1日を指しますが、新暦では8月25日から9月23日までのいずれかになります。日中は厳しい残暑が残るものの、夜には秋の虫たちが鳴く頃といえるでしょう。
そして、ちょうど稲が実りを迎える季節でもあります。かつて国民の大半が農民だった時代には、初めて実った稲穂である初穂を恩人に贈るといった風習がありました。そのため、旧八朔には「田の実の節句」という別名もあり「田の実」と「頼み」をかけて、公家や武家も恩人に感謝して贈り物をする習慣があったのです。

旧八朔の歴史

かつて旧八朔は室町幕府によって公式の行事として採用されていました。戦国時代の武将にも八朔の習慣があったことが古文書にも残されています。徳川家康が江戸城に公式に入場したのも1590年8月1日で、江戸幕府は八朔を正月に次ぐ大事な祝日として認定していたそうです。やがて明治時代には新暦8月1日または9月1日が八朔とされ多少風習が残りましたが、現在ではごく一部の地域に名残りをとどめるのみになっています。

旧八朔の風習

八朔は8月1日から転じて、その頃に毎年吹く強い風を意味することもあります。農家によっては二百十日、二百二十日とともに三大厄日でもあり、収穫前の稲が駄目になってしまうリスクのある注意が必要な日でもあったのです。
何事もなく収穫をすませることができたとしても、小作人にとっては徹夜作業が続くつらい日々の始まりでもあります。そのため、大きな農家では使用人にぼたもちをふるまい、来るべき労働の毎日に備える日でもあったのです。
また、江戸時代の吉原で花魁道中が行われたのもこの日でした。京都の祇園でも芸妓や舞妓が盛装して、出入りの茶屋や芸事のお師匠さんに挨拶回りをする日とされていました。農家はもちろん、色街に至るまでさまざまな人たちにとって特別な日だったことがわかります。

現在も残っている旧八朔の風習

各地の八朔祭り

熊本県上益城群山都町(かみましきぐんやまとちょう)にある浜町では、現在でも八朔祭りが行われています。旧暦8月1日に近い9月の第1土曜日・日曜日に、高さ4mほど、長さ8mほどの大造り物が数十基も引き廻されるというダイナミックな祭りで、国内外からやって来る観光客も少なくありません。国の重要文化財である通潤橋からの放水、花火大会などもある日本を代表する秋祭りのひとつといっていいでしょう。
一方、福井県美浜町新庄区では日本の奇祭のひとつとして有名な八朔祭りが開催されています。天狗に扮した人が担いだ男性のシンボルをかたどった60cmほどの御神体で、女性の見物客をつつくというものです。つつかれた女性は子宝に恵まれるといういわれもあり、こちらも全国津々浦々からたくさんの観光客がやってきます。
山梨県都留市四日市場の生出神社では、葛飾北斎が手がけたという伝承がある幕を使った八朔祭りがあります。少なくとも江戸後期の天保年間には実施されていた記録もあるなど、歴史ある祭りのひとつであることは間違いありません。

八朔に子どもの成長を祈願する

また、福岡県遠賀群芦屋町では、長男長女の誕生を祝う「八朔の節句」が行われます。男児は藁で編んだ馬、女児は米粉で作った雛を飾り、300年以上続く伝統行事とのことです。このように八朔に子どもの成長を願う地方は他にもあり、香川県丸亀市でも男児の健康を祈って地元で収穫された米の粉で馬を作ります。さらに、香川県三豊市仁尾町、兵庫県たつの市御津町室津(みつちょうむろつ)地区などで、ひな祭りを八朔に行うところさえあります。

八朔ゆかりの食べ物

八朔というとまず、みかんのはっさくを思い浮かべる人も多いでしょう。はっさくは1860年頃、広島県尾道市因島にある浄土寺で偶然発見された品種ですが、その時の住職が「八朔の頃には食べられる」といったため、はっさくと名付けられたそうです。「この里に生まれ育ちし八朔ぞ 味と香りで永久に幸あれ」という歌を作りPRに大変熱心でした。
もともと因島には60種類もの柑橘類があり、はっさくもそのような雑柑のひとつでした。しかし、1910年頃に柑橘学の世界的権威が調査に訪れ、はっさくが優れた柑橘類であると発表したことで、一躍注目されるようになったということです。
しかし、現在、スーパーなどで見かけるはっさくは12月から2月にかけて収穫されて、その後1ヶ月から2ヶ月ほど貯蔵して甘みが増してから出荷されています。8月1日の頃が旬というわけではないにもかかわらず、その名前だけが残っているというのも興味深いところではないでしょうか。

わずかに現存する貴重な旧八朔の風習Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


なぜうなぎを食べるのか? 実はあまり知られていない「土用の丑」

「来週は土用の丑の日だからうなぎを食べましょうね」そんな会話を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、そもそも「土用」とは何なのか? そして、なぜうなぎを食べるのかについてはあまり知られていないでしょう。ここでは、「土用の丑」について詳しく説明していきます。

「土用」について知ろう

そもそも「土用」とは何なのか?

土用とは、日本独自の雑節の暦で、四季の変わり目を指します。主に立春・立夏・立秋・立冬の直前となる18日間を「土用」と言うのです。四季の土用はそれぞれいつ頃になるのかというと、立春(2月4日頃)は1月17日から2月3日頃、立夏(5月5日頃)は4月17日から5月4日頃、立秋(8月7日頃)は7月20日から8月6日頃、立冬(11月7日頃)は10月20日から11月6日頃となっています。年によって数日程度ズレますので、目安として捉えておいてください。そして土用の期間は、土公神(どくじん)という土を司る神様が土中から出て、地上を支配する期間であると言い伝えられており、この時期は土を動かす作業や工事、例えば建築における基礎工事や、柱を立てたり壁を塗ったり井戸を掘るなどといった行為は土公神の怒りを買うので行わないとされています。しかしながら、土用の前に工事を着工し、土用中も作業を続けることは差し支えない様です。ちなみに、土用は「五行」で定められた暦のこと。五行とは、「木(春)、火(夏)、土(季節の変わり目、金(秋)、水(冬)」となり、つまりは季節の象徴になっています。

「丑の日」について知ろう

「丑の日」とは?

土用については前記した通りですが、では「丑の日」とは一体どういう意味なのでしょうか? ウナギを食べる日として認知されているものの、なぜ「丑」なのにウナギなのか? その秘密について解説していきましょう。
まず「丑」とは十二支の「丑」のことを指します。十二支というと、「干支」を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、実は方角や月、日にちを数える際にも使われるのです。そして丑の日は12日周期で訪れるので、約18日間ある土用の期間のうち、12日周期で割り当てられる十二支が丑の日である場合、「土用の丑の日」となるのです。そして夏の土用の丑の日は、計算すると平均1.5回、つまり1年で2回土用の丑の日がある年は、大凡2年に1度程度の計算になります。

なぜ土用の丑の日に「ウナギ」を食べるのか?

日本の夏はとりわけ暑く、バテることなく乗り切るために、栄養価の高いウナギを食べる習慣が広く定着しています。では、ピンポイントに土用の丑の日にウナギを食べる習慣が生まれたのはいつ、誰によって提唱されたことなのか? 実はこれには諸説あります。中でも最も広く知られているのは「平賀源内提唱説」でしょう。
ある夏、商売が上手くいかないウナギ屋が、何とかして夏にウナギを売る方法はないかと、平賀源内に相談したそうです。すると平賀源内は、「本日丑の日」と書いた紙を店先に貼ることを提案。すると、そのウナギ屋はたちまち繁盛し、その後、他のウナギ屋もそれを真似る様になり、結果として土用の丑の日にはウナギを食べるという習慣が広く定着したというお話です。「丑の日」と書かれた貼り紙の効力については諸説あり、限定することはできませんが、一説によると丑の日に「う」のつく物を食べると夏負けしないと言う風習があったとされ、ウナギ以外にも梅干し、うどん、うさぎ、馬肉、牛肉などを食する習慣があった様です。

本当にウナギは夏バテに効くのか?

かつて、丑の日にウナギを食べる理由として「夏バテ」を防ぐという謳い文句があったかどうかは定かではありませんが、現代では多くの方がそう認識していると思います。故に夏の土用の丑の日は、スーパーやデパートが、挙(こぞ)って「本日丑の日」と言う貼り紙を出し、ウナギを目玉商品としてアピールする様はもはや定番と言えます。しかし、ウナギは本当に夏バテに効くのでしょうか? 医学的な観点から見ると、実際にウナギにはビタミンA、B群が豊富に含まれているため、夏バテや食欲減退を防止する効果は期待できるそうです。しかし、栄養価の高さという面から考えると、昨今では他にも候補に上がる食べ物は数限りなくあり、かつウナギはその中でもさほど栄養価が高いとは言い難いそうです。

土用に食べるのはウナギだけじゃなかった?

「土用の丑」と言えばウナギというのはもはや誰でも当たり前の様に認知していることです。しかし、実を言うと土用に食べるのはウナギだけではないのです。正確に言うと、地方によって様々な習慣があるということ。例えば、ウナギではなく「シジミ」を食べる習慣があり、実はウナギよりも歴史が古いと言われているのです。何と言ってもシジミの最盛期は夏です。さらにシジミは「お腹の薬」と言われるほど高い整腸作用があり、かつ栄養も豊富で、夏バテを防ぐにもぴったりの一品。全国的にはあまり認知されていない様ですが、地域によってはウナギよりもメジャーなところもある様です。
さらに宮中では、土用に「餅」を食べる風習があった様です。正確に言うと、暑気払いとして餅米の粉を練った団子を味噌汁に入れた物を食べていたと言われています。江戸時代にはその風習が庶民にも伝わり、お餅を小豆餡で包んだあんころ餅を食べる様になったそうです。お餅は「力持ち」という言葉に通じ、さらに小豆は厄を退散させるという意味において無病息災の縁起物であるとされたことから、広く定着したと言われています。

なぜうなぎを食べるのか? 実はあまり知られていない「土用の丑」Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。