5月(皐月) | 記念品トレンドニュース情報速報

5月(皐月)最新情報の一覧

皐月とは~皐月の由来や歴史を知ろう

日本では、古来から暦の月に名前を付けています。このような月の名前付けを「和風月名」と呼びます。
現在一般的に使われている新暦に対して、旧暦と呼ばれる昔から使われていた暦でその月に行われる行事や季節に合わせて名づけた名前なのです。実際には現在の暦の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれが生じます。

皐月とは

皐月とは

皐月は、5月のことを表す旧暦での名前で、読みは「さつき」と読みます。旧暦とは、明治5年12月2日まで使われていた太陰太陽暦のことです。その翌日の12月3日から現行の新暦と言われている太陽暦に変わりました。
その旧暦での5月のことを皐月と呼ばれていました。その後、新暦に変わったことから、旧暦とは1~2ヶ月の差が出来ました。たとえば、新暦の現在の正月は1月1日ですが、旧暦での正月はおおむね1月22日頃から2月20日頃にあたるのです。毎年の旧正月は旧暦法に従って決められています。

旧暦と新暦について

なぜこのように日付がずれるのかというと、現在の新暦はグレゴリオ暦と呼ばれる、太陽の動きを基にして定められたものです。グレゴリオ暦とは、ローマ教皇グレゴリウス13世が、それまで使われていたユリウス暦の改良を命じ、1582年10月15日から使用されている暦法で、1年を365日と定めて、1月から12月までに振り分けた暦となります。
それに対して、旧暦は元々アジア圏で広く使われていた月の満ち欠けなどの動きを基とした暦なのです。特に日本で使われていた旧暦は、日本独自に何回も改良された暦であって、最後に使われた旧暦は天保歴(てんぽうれき)と言います。天保暦は、天保15年1月1日(1844年2月18日)に寛政暦から改暦され明治5年12月2日(1872年12月31日)まで約29年間使用された暦です。

天保暦での月の名前

つまり旧暦とは、この最後の天保歴のことを言うのです。天保歴での暦の名前は、1月が睦月(むつき)、2月が如月(きさらぎ) 、3月が弥生(やよい)、4月が卯月(うづき) 、5月が皐月(さつき)、6月が水無月(みなづき)、7月が文月(ふみづき)、8月が葉月(はづき)、9月は長月(ながつき) 、10月は神無月(かんなづき)、11月は霜月(しもつき) 、12月は師走(しわす)と名付けられていました。
新暦に変わってからも、旧暦の月の名前はそのまま引き継がれて、現在も使われているのです。

皐が持つ意味

皐月の由来とは

5月は、皐月(さつき)です。名前の由来は諸説ありますので、解説します。一つは、田植をする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたものを略したという説です。二つ目は、稲を植えることを古語で「さ」と呼び田植えの月ということで「さ」月となったというものです。
漢字「皐」には「神に捧げる稲」の意味があるため、皐月が当てられたとも言われています。皐月5月は、さわやかな新緑のころ、田の神様を奉じて田植えをする季節を意味します。また、かつて物忌み月と言って禁欲の期間としたこともあったようです。
また、皐月というツツジ科の植物があり、山奥の岩肌などに自生し可憐な花を咲かせるため、盆栽などで親しまれています。サツキツツジ(皐月躑躅)などとも呼ばれていますが、他のツツジより開花が一ヶ月程度遅く、旧暦の五月皐月の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたそうです。
「皐」という漢字の読みは、「コウ」「さつき」「すすむ」「たか」「たかし」などがあります。実は、人名漢字の一つなのです。「皐」という漢字には、水辺の平らな地、きし、沼・さわのきし辺などの意味や、「 ああ」など声をゆるやかに長く引いて魂を呼ぶ様、またそのときの声などや、声をのばして大声で呼ぶさま、 明るくかわいた陰暦の五月などの意味があります。
そして「皐」という漢字は、元々は「皋」という漢字でした。「皋」は「白+大+十(まとめる)」で、白い光のさす大きな台地をあらわします。明るい、たかい、広がるなどの意味を含みます。皐はその略体なのです。
また、同じような漢字の使い方として「早苗(さなえ)」「五月雨(さみだれ・早水垂)」「早蕨(さわらび)」などがありますが、どれも「早」という漢字が使われています。

月の名前の意味について

旧暦では、1月から12月までのそれぞれの月に名前を付けて呼んでいました。皐月はその名前の一つなのです。以下に、それぞれの月の名前と由来を説明します。

1月:睦月(むつき)と読みますが、「睦まじき月」という意味があります。
2月:如月(きさらぎ)と読みますが、いまだ寒くて「更に衣を着る」というところから、衣更着(きさらぎ)という字があてられたのです。絹更月と書くこともあります。
3月:弥生(やよい)と読みますが、草木が生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったのです。
4月:卯月(うつき)と読みます。卯月の名前の由来は、卯(うつぎ)の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」から来ています。干支の卯(ウサギ)が4番目であることが由来という説もあります。
6月:水無月(みなづき)です。文字通り、梅雨(五月雨)が明けて水が涸れてなくなる月というのが由来と言われています。
7月:文月(ふみづき・ふづき)です。7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風にさらす風習が名前の由来となります。
8月:葉月(はづき)です。木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月(はおちづき)」「葉月(はづき)」が由来です。旧暦の8月は秋分を含む月でもありました。
9月:長月(ながつき)です。長月は、「夜長月(よながつき)」から来ています。秋の夜長が名前の由来です。
10月:神無月(かんなづき)です。神無月は、日本中の神様が出雲の出雲大社に集まるため、神様がいなくなる月となるので神無月(かんなづき)と呼ばれています。ちなみに出雲では10月を神在月と呼んでいます。
11月:霜月(しもつき)です。霜が降る月の意味があります。神楽月(かぐらづき)、子月(ねづき)と呼ばれることもあります。
12月:師走(しわす)です。師とは仏僧のことで、僧が仏事などで忙しく走り回るほど忙しいことが由来しています。平安後期の「色葉字類抄」にその旨の記載があります。

皐月とは~皐月の由来や歴史を知ろうShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


聖霊降臨祭(ペンテコステ)の歴史や由来について

聖霊降臨祭またはペンテコステという言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本ではあまりなじみがないですが、キリスト教文化圏であるヨーロッパなどでは国民の祝日になるほど大切な日です。キリスト教圏では、キリスト教と生活が密接にむすびついています。この記事では聖霊降臨祭やそれにまつわるイベントなどについてご紹介します。

聖霊降臨祭(ペンテコステ)の意味

聖霊降臨際とは

聖霊降臨祭(ペンテコステ)は、新約聖書にある聖霊降臨の場面にちなんだ祝祭日です。聖霊降臨に関する記述は新約聖書の『使徒行伝』2章1節~42節にみられます。それによると「復活したイエスは弟子たちに『近いうちに聖霊が降る』ことを告げると天へと上っていく。それから10日が経ったある日、使徒とその他の弟子たちが集まってユダヤ教の五旬祭の祈りをしていると、激しい風のような音が聞こえ、天から炎のような舌が降ったのである。使徒たちは聖霊に満たされ、さまざまな国の言葉で語り始める。地中海世界全域からディアスポラのユダヤ人たちがエルサレムに集まっていたが、使徒たちが自分の地域の言葉で語っているのを聞いて驚いた。イエスの死と復活の意味についてペトロが中心になって語ると多くの人が洗礼を受け、使徒たちのグループに加わった。」とあります。このように、聖霊降臨は、イエスの復活・昇天後に集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事であり、聖霊降臨祭とはその出来事を記念する日のことです。教派によって訳語は異なり、聖神降臨祭(せいしんこうりんさい)、五旬節(ごじゅんせつ)、五旬祭(ごじゅんさい)ともいいます。
ペンテコステは、教会の成立と世界伝道の開始の日でもあり、クリスマス、復活祭とならぶ大切な祝日です。ペンテコステは、ギリシャ語で「50」を意味し、復活祭(イースター)からかぞえて50日後に祝われる移動祝祭日です。日付は毎年異なりますが、ヨーロッパの西方では5月初旬から6月上旬の日曜日、東方では5月初旬から6月下旬の日曜日に行われます。

各国でおこなわれる聖霊降臨祭のお祝い

フランスやイタリアでは新約聖書のエピソードにみられる「激しい風のような音」をトランペットを吹いて表現したり、バラの花びらを撒いて「炎」を表現したりするのが習わしです。南ドイツ、スイス、オーストラリアなどでは、古くからあった春の収穫祭とむすびついて、牡牛に花の冠をつけてパレードしたり、引き回したり追いかけたりする伝統的な行事が今も残っています。また、オーストリアのザルツブルクでは聖霊降臨祭に際して音楽祭が催されます。

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭

「ザルツブルク聖霊降臨音楽祭」は、聖霊降臨祭の時期にオーストリアのザルツブルクで開催される音楽祭です。1972年にオーストリアの著名な指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンが創設し、1973年に最初のコンサートを始めます。カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団により1989年まで開催されていましたが、カラヤンが亡くなったあとは一時中断されることとなりました。
1998年にザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が引き継ぎ、2007年からリッカルド・ムーティ、2012年からはイタリアの歌手チェチーリア・バルトリが芸術監督を務め、聖霊降臨祭音楽祭の主要作品は夏の夏至祭でも上演されています。

ドイツで行われる聖霊降臨祭(ペンテコステ)

ドイツの聖霊降臨祭

ドイツでは聖霊降臨祭は「Pfingsten(プフィングステン)」とよばれています。ドイツでもこの日は祝日です。ドイツではもともとあった春の収穫に感謝するお祭りと、この聖霊降臨祭が結びついてお祝いされるようになり、地域によってさまざまな祝い方をします。南ドイツのバイエルンにある小さな地域では、花冠の牛を引いて回ったり芝の上でパレードをします。また、大きな焚き火をし、地域の人が集まり歌を歌ったり、教えを聞いたりするのも別の地域の習慣です。また、自転車競技大会やマラソン大会が行われるところもあります。この日はもともと生け贄の子羊を丸焼きにして食べる習慣があり、現在でも子羊、子豚、うさぎなどを丸焼きのローストで食べるのが伝統的なご馳走で、スーパーでもそういうお肉を買い求めることができるようです。町によっては、ビールやソーセージを売る屋台などもたち賑わいをみせます。

ペンテコステのバラ

聖霊降臨祭の時期は、あちこちの家の庭でシャクヤクが咲きます。ドイツではシャクヤクのことを「ペンテコステのバラ」(プフィングスト・ローズ:pfingst rose)と呼び、市場でも比較的安く手に入れることができる花です。シャクヤクの花が「ペンテコステのバラ」と呼ばれるのは、それがバラの花に似て美しいこと、毎年ペンテコステの時期になると、こぼれるような大輪の花を咲かせるからだといわれています。この時期に華やかさを添えるペンテコステのローズは、聖霊降臨祭には欠かせない花となっています。

聖霊降臨祭(ペンテコステ)の歴史や由来についてShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


意外と知らない「ゴールデンウィーク」雑学

4月末から5月初めにかけて訪れる「ゴールデンウィーク」。言わずと知れて祝日が重なった大型連休期間のことです。多くの社会人にとっては、お盆休みと年末年始に匹敵するお楽しみ期間と言えるのではないでしょうか。しかしながら、なぜ「ゴールデン」なのでしょうか? そして、いつから言われる様になったのでしょう? ここでは、みんな大好きなゴールデンウィークにまつわるお話を紹介しています。

ゴールデンウィークとは何か?

ゴールデンウィークの概要

ゴールデンウィークは、4月29日から5月5日までの大型連休のことを指します。本来であれば、直前直後に土曜・日曜・振替休日が重なる場合にそう呼ばれることが多く、飛び石連休になってしまう場合はゴールデンウィークとは言えないのですが、昨今ではこの時期を総称する言葉として「ゴールデンウィーク」という名称が使われています。

みどりの日が祝日の理由は?

ゴールデンウィークの最初に訪れる休日は、4月29日の「みどりの日」です。しかしこの日はなぜお休みなのか、詳細な経緯を知っている方は少ないのではないでしょうか。もとは昭和天皇の誕生日だったことから国民の祝日とされていましたが、1989年1月7日に今上天皇が即位したことから、天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に改められたのです。つまり、4月29日は平日に戻る予定でした。しかし、ゴールデンウィーク内の貴重な祝日を廃止することで、国民生活への影響が懸念されたため、元の天皇誕生日である4月29日を「みどりの日」と改め、祝日として存続させることになったのです。

諸説あるゴールデンウィークの語源

5月の大型連休を表す「ゴールデンウィーク」。近年ではそれにちなんで秋の連休を「シルバーウィーク」なんて呼びますが、一体なぜ「ゴールデンウィーク」なのでしょうか? 調べてみると、その理由には諸説ある様ですが、有力なものをいくつかあげると、まず「日本映画会造語説」です。1951年のゴールデンウィーク時期に公開した映画「自由学校」が、お正月やお盆時期よりも高い興行成績を上げたことにより、多くの人に映画を観てもらいたい・映画を観てもらえる時期であるとして作られら造語だということ。そしてもう一つの説は「ラジオのゴールデンタイム説」で、これは映画同様、この時期のラジオの聴取率が他の時期よりも極めて高かったことから「黄金週間」と呼ばれる様になったのですが、どこかインパクトに欠けることから「ゴールデンウィーク」に改めたという説です。現在でも明確な答えは出ておらず、これら二つの説が有力なのではないかと言われています。

「ゴールデンウィーク」は海外でも通じる?

国民の祝日が重なった時期である以上、国外で「ゴールデンウィーク」と言っても通じるはずはありません。しかし、日本人観光客が多いハワイやグアムなど、一部の海外観光地における宿泊施設や飲食店、交通機関など、観光業に従事している人であれば、日本に縁も所縁もない現地人であっても「Golden Week」で意味が通じるそうです。もしハワイやグアムへ行く機会があったら、一度現地の方に聞いてみることをオススメします。

NHKではゴールデンウィークとは言わないって本当?

「ゴールデンウィーク」という言葉が映画界における業界用語だったと言う説が濃厚なことから、NHKでは「ゴールデンウィーク」とは言わず「大型連休」、もしくは「春の大型連休」という呼び方に統一しています。なぜなら、放送法第83条「広告放送禁止規定」に抵触することや、損害保険ジャパン(現:損害保険ジャパン日本興亜)や,宝ホールディングスが商標登録しているためだそうです。他にも、職業の都合上、この時期に休暇が取れない視聴者から「休みでもないのに何がゴールデンだ」といった抗議が来ることや、1週間よりも長くなることが多いのに「ウィーク」はおかしいなどといった理由もあるそう。また、NHKのみならず、一部の民放や新聞などでも使用していないところがあります。

海外にも「ゴールデンウィーク」がある?

中国にも日本のゴールデンウィーク級の大型連休があり、中国語で「黄金周」と呼ばれています。これは中国政府が高い経済効果を生むことを狙い、1999年10月から導入した制度のことだそう。さらに中国ではこの「黄金周」が年2回設定されており、一つが春節(旧正月)から始まる1週間で、もう一つは国慶節(10月1日)から始まる1週間です。

ゴールデンウィークの問題とは?

ゴールデンウィークが孕む問題点とは?

誰もが楽しみにしているゴールデンウィークですが、見直す必要があると言われる程、様々な問題点を孕んでいます。例えば、休日が長期間に渡ることから、教育・勤労効率が低下する傾向にあり、五月病などの引き金になっているとされているのです。例えば、4月から新しい環境で生活をスタートさせたにも関わらず、中々順応できないままゴールデンウィークを迎えてしまうことで、連休明けに学校や職場へ行く気が削がれてしまうなどです。さらに、この時期における行楽地や交通機関において、過度の混雑になることから、安全面での配慮が難しいといった点なども指摘されています。以降、政府によって連休時期を地方ごとに変え、分散化する計画も検討されていましたが、諸問題あって中々実行には至っていません。

意外と知らない「ゴールデンウィーク」雑学Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。