鯉のぼり | 記念品トレンドニュース情報速報

鯉のぼり最新情報の一覧

鯉のぼりに付いている「吹流し(吹き流し)」って何の意味があるの?

子供の健やかな成長と立身出世を願う鯉のぼり。しかしよく見ると、「あれは一体何なのか?」とふと疑問に思ってしまうパーツが付いていることに気づきませんか? ポール先端の球しかり、その下の風車しかり。そして何と言っても一番の謎は真鯉の上を泳ぐ、五色のヒラヒラしたものでしょう。ここでは、鯉のぼりの謎を紐解くと同時に、真鯉の上を泳ぐ謎ののぼりについて詳しく説明していきます。

鯉のぼりと吹流し(吹き流し)の謎に迫る

先端部の「球」と「風車」は一体?

多くの方が疑問に思っているだろう鯉のぼりの謎において順を追って説明していきます。まずはポールの先端部についているキラキラした「球状の何か」についてですが、あれは回転球(天球とも)と呼ばれるもので、元々は竹で編んだ丸い籠であることから、別名で駕籠玉(かごだま)とも言われます。回転球の意味は、「神様が降りてくる目印」であり、この家に男児がいることを知らせるためのものです。そして、回転球の下についている風車の様なものは「矢車」と呼ばれます。矢車は魔除けのために付けられているもので、幸せが四方八方から訪れます様にという意味も込められていると言われています。ちなみに、鯉のぼりのルーツは鎌倉時代の武家社会です。その名残か、矢車は武将の持つ弓矢をイメージしたものと言われており、矢車をよく見ると、矢の形になっていることがわかります。

吹流し(吹き流し)とは一体何か?

真鯉の上を泳ぐカラフルな謎の物体。実を言うとあれは「吹流し(吹き流し)」というもので、「子を脅かす悪いものから守ってください」という魔除けの意として付けられている様です。では、一体なぜあんなに派手な色なのでしょうか? 
吹流し(吹き流し)には青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)の五色が使われています。これらは「神道の5色」と言われており、古代中国に伝わる「五行説」に基づいているとされているのです。五行説を簡単に説明すると「木・火・土・金・水」の5つの元素が互いに助け合ったり、打ち消し合ったりしながら、すべての物事が循環しているという思想のことです。5つの元素を色にあてがうと「木=青(緑)、火=赤、土=黄、金=白、水=黒(紫)」を意味しています。この思想を吹流し(吹き流し)にあてがうことができ、子供に悪いことが忍び寄ったとしても、これら万物を成す5つの元素が守ってくれる、つまり邪気を祓ってくれると信じられているのです。ちなみにこの五行説の考え方は、陰陽道における魔除け五芒星にも繋がります。
しかしながら、この「五行説」は一つの説であり、実はもう一つ吹流し(吹き流し)の意味があると言われています。吹流し(吹き流し)は本来、軍の旗として使われており、風向きや強さを見極めるためのものでしたが、鯉のぼりと一緒に使うことで、神様により早く男児の誕生を気づいてもらうためと言う説もあります。

吹流し(吹き流し)の歴史

実を言うとこの吹流し(吹き流し)は、鯉のぼりよりも歴史が古いと言われています。鯉のぼりは江戸時代の庶民が流行らせた習慣でしたが、吹流し(吹き流し)は戦国時代には既に飾られていた様です。戦の後に「もうこれ以上災いが訪れない様に」という願いを込め、目立つ場所に掲げられていたという説が有名です。

吹流し(吹き流し)は鯉のぼり以外にも使われている?

魔除けの意を持ち、子供が健やかに育つ様、願いを込めて掲げられている吹流し(吹き流し)ですが、実は鯉のぼり以外にも使われているというのをご存知でしょうか。例えば、高速道路の脇に設置されている鯉のぼりの様な物体も吹流し(吹き流し)なのです。多くの方が想像される様に、この吹流し(吹き流し)は風速を測るものです。水平になびいている場合は風速約10メートル以上を表し、45度の場合は約5メートル以上、そして30度程度の場合は風速約3~4メートルを指します。ちなみに、風速10メートルで吹流し(吹き流し)が概ね真横になびいた場合は、走行が不安定になることを示しています。
さらに、飛行場にも吹流し(吹き流し)が設置されています。すべての飛行場に設置が義務付けられている風向灯というものをご存知でしょうか。風向灯には風向きが目視できる様に吹流し(吹き流し)が付いており、その上に照明灯が設置されています。用途は高速道路のものと同じで、吹流し(吹き流し)のなびく角度で、おおよその風速を計測するものです。また、工事現場におけるクレーンにも作業を安全に行う目安として吹流し(吹き流し)を設置しています。約50度になびいた場合は風速4メートル程度、約60度の場合は風速6メートル程度、約70度の場合は風速8メートルという様に、高速道路や飛行場に設置されている吹流し(吹き流し)と同じ役割を果たします。尚、工事現場の風速が早い場合は、責任者の指示に従って作業を行う様、義務付けられています。

吹流し(吹き流し)の価格は?

鯉のぼりに使う吹流し(吹き流し)は鯉のぼりの値段とさほど変わりなく、安価なもので2,000円前後、高価なものでも1万~3万円程度で購入できます。しかしながら、前記した高速道路や空港、さらには工事現場で使用する吹流し(吹き流し)の場合はややお高く、一つで約48万円もするそうです。やはり業務用はやや値が張ります。参考程度に覚えておくとよいでしょう。

鯉のぼりに付いている「吹流し(吹き流し)」って何の意味があるの?Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


実はあまり知られていない「鯉のぼり」のお話

端午の節句が近づくと、方々で大きな鯉のぼりが風に揺られる美しい様を見ることができます。しかし一体、何故「鯉のぼり」を飾る習慣が生まれたのでしょうか? そして、地方によって鯉のぼりの形状や飾り方が異なるのはどうしてなのか? ここでは、端午の節句に欠かせない鯉のぼりにまつわるお話を紹介していきます。

「鯉のぼり」とは一体何か?

鯉のぼりの由来を知る

鯉のぼりの発祥は、江戸時代と言われています。
男の子が生まれた家では、5月5日になると「無難、無災、出世」を願う行事として、家紋がついた旗や幟(のぼり)などを門に立てて祝う風習がありました。言わばこの旗や幟が鯉のぼりの原型になります。江戸中期になると、庶民が中国の「登竜門伝説」になぞらえ、鯉のぼりのアイデアを具現化します。それが徐々に広まって定着した訳です。竜門の滝を登りきると鯉が竜になる様に、男児が健康に育ち、将来はその鯉の様に大きく出世して欲しいという願いがこもっているそうです。
当時の鯉のぼりは和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、時を経て大正時代になると破れない錦の鯉のぼりが生まれ、さらに昭和三十年代半ばになると、雨に濡れても色落ちしない合成繊維の鯉のぼりが登場し、現代へと受け継がれています。

鯉のぼりの鯉は何故一匹ではないのか?

ご存知の様に、一般的な鯉のぼりは三匹の鯉が連なっています。上から真鯉、緋鯉、子鯉の順で連なっており、真鯉はお父さん、緋鯉はお母さんで、子鯉は子供という位置づけだと言われていますが、実を言うとそれぞれには別段決まりはないそうです。ちなみに、現在の様に三匹連なる形になったのは、実に昭和30年代以降と言われており、それまでは真鯉と緋鯉の二つまでしか作られていなかったそうです。

鯉のぼりを外に飾る理由とは?

一般的に鯉のぼりは外に飾るものです。しかし現在では、住環境の事情などにより、鯉のぼりを外に飾るのが難しいケースもあります。そこで昨今人気となっているのが、室内に飾るタイプの鯉のぼりです。小さいながらも精巧な作りのものや、小さなお子様向けのおもちゃの様な一品までバリエーションは様々です。しかしながら、地域によっては「鯉のぼりは外に放たないと意味がない」と声高に言うところも少なくありません。実を言うと、鯉のぼりを外に飾るのには理由があるのです。
まずは神様に気づいてもらうためです。つまり「うちには男児がいますよ。どうか守ってくださいね」という合図として、外に飾るという理由と、もう一つは魔除けと厄払いの意味があります。鯉のぼりの先端についた球体の下に、風車の様なものが付いているのがわかると思います。あれは「矢車」と言って、破魔矢で円を作ったものと言われています。つまり、魔除けや厄を払ってくれるものなのです。故に、鯉のぼりは外に飾らないと意味がないと言う理由も理解できるでしょう。

「鯉のぼり」にはどんな種類がある?

家庭用鯉のぼりのバリエーションは?

鯉のぼりは、外に飾る大きなものや、室内に飾る小型のもの。そして、マンションのベランダなどに飾る中型のものがあります。それぞれ大型・中型・小型と分けましたが、実は室内用でも中型のものがあったり、ベランダ用に小型・大型のものがあります。地域によって選ばれる商品にも差がある様で、特に都心部では外に飾る大きな鯉のぼりの需要が年々減っていると言われています。住環境の問題が大きいと思いますが、それらの家庭では、室内用の鯉のぼりが人気になっている様です。

日本各地で行われている鯉のぼり祭りとは?

端午の節句の時期になると、日本全国で鯉のぼりのお祭りが開催されます。特徴的なものをいくつか紹介すると、まず熊本県阿蘇郡小国町の杖立温泉で開催されている「杖立温泉鯉のぼり祭り」では、杖立川の川幅一杯に、色とりどりの鯉のぼりが凡そ3000~3500匹飾られます。このお祭りは30年以上の歴史を持っており、毎年全国から大勢の観光客が見学に訪れるそうです。そして、群馬県館林市で行われている「館林こいのぼりの里まつり」では、全会場合わせて何と5000匹以上の鯉のぼりが並ぶそうです。その光景は正に圧巻で、ギネス世界記録にも認定されている程。また、毎年5月3日に開催される埼玉県加須市の「加須市民平和祭」では、何と全長100メートル、重さにして330キロもある巨大な鯉のぼりが空高く舞い上がる様を見ることができます。鯉のぼりの名産地である加須市ならではのイベントと言えるでしょう。そして最後にご紹介するのが、茨城県常陸太田市で行われている「竜神峡鯉のぼりまつり」です。緑豊かな渓谷に囲まれた竜神大吊橋は、375メートルという歩行者専用の橋としては本州一を誇る長さです。そして橋のワイヤーロープに吊るされた凡そ1000匹もの鯉のぼりが、渓谷を優雅に泳ぐ様を見ることができます。ニュース等で見た方も少なくないと思いますが、是非実際に見てみたい風景です。

実はあまり知られていない「鯉のぼり」のお話Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。