法要のマナー | 記念品トレンドニュース情報速報

法要のマナー最新情報の一覧

初七日で必要なお布施の相場とは

初七日は故人が亡くなってから7日目のことですが、法要の略式化が進む現代でも初七日法要は基本的に必ず営まれています。この時、気になるのがお布施です。どれぐらいの金額が相場なのか、どのようにして渡すのか等、気になるマナーについてまとめましたので、参考になさってください。

お布施の相場

お布施とは

仏教でいうお布施には、本来3つの意味があります。金銭などの財を施す「財施(ざいせ)」、仏の教えを説く「法施(ほうせ)」、恐怖心を取り除いて安心を与える「無畏施(むいせ)」です。いずれも「自分が持っている物を見返りを求めずに喜んで差し出す」ことが基本となっています。
転じて現代では、仏教式の葬儀や法要を行った際、お寺に渡す謝礼のことを意味しています。この他に戒名をいただいた時の謝礼の戒名料・院号料、僧侶の交通費であるお車料、僧侶の食事代であるお膳料などをすべて合わせて渡されることが多いようです。

相場はどれぐらいなのか

最近のお布施は、遺体を安置してお経を唱える枕経、お通夜、告別式、初七日法要を合わせて支払われることがほとんどです。ここに戒名代、お車料、お膳料を含めたお布施は15万円~25万円が相場になっています。
ただし、お寺によって金額は異なります。また、初七日法要は別途およそ3万円と設定しているお寺もあります。いずれも、それぞれの寺院のルールがあるので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。
また、お布施の額は地方、戒名のランク、お寺とのお付き合いの度合い等によって違ってきます。お寺によって檀家の扱いも異なり、一律いくらと結構高額な値段が設定されていることがある一方、今後お寺参りをする都度お布施をしていくという形をとり、葬儀では必要ないということもあるのです。そのような場合には、初七日に納めるお布施が初めてのお礼になるので、適切な金額を調べてしっかりと渡すようにしましょう。

僧侶への相談について

初七日のお布施の金額を僧侶に直接聞いても、聞き方によっては「お気持ちで結構です」というような答えしかもらえません。金額表もないので非常に困るところです。そんな時には質問の仕方を少し変えてみましょう。「他の檀家さんたちはどれぐらいご用意していますか?」「以前の父の葬儀ではどれぐらいお包みしましたでしょうか?」というように、過去の事例を差し支えのない範囲で具体的に聞いてみるようにしましょう。
また、最近では特定のお寺の檀家になっておらず、葬儀社からお寺を紹介してもらう人も増えています。そのような時は、葬儀社に金額を相談するようにしてください。予算に限りがあるならば、あらかじめはっきりと伝えるようにすれば、金額内でコーディネイトしてもらえるでしょう。

お布施の渡し方

葬儀費用はもちろん葬儀会社に支払いますが、もし葬儀会社にお寺を紹介してもらったとしても、お布施はそれとは別に僧侶に直接手渡すことになります。タイミングとしては、葬儀が始まる前、あるいは葬儀後にお礼を伝えて渡すのが一般的です。
袋に包んだお金を、小さなお盆または袱紗に置いて渡すのが決まりです。直接手渡しするのは失礼に当たるので、必ず小さなお盆や袱紗などを用意するようにしましょう。「本日、○○葬儀のために供養いただきまして、ありがとうございます」と、お礼の言葉も忘れずに添えてください。

準備しておくもの

お布施の包み方と表書き

お札は原則的に奉書紙に包みます。まず半紙でお札を包んだら、中包み、奉書紙と順番に包んでいきます。奉書紙はツルツルしている方が表でザラザラしている方が裏面になることに注意しましょう。また、お布施そのものは不祝儀ではないので、奉書紙の折り方は弔事用の下向きにする必要はなく、慶事同様の上向きでかまいません。奉書紙は大きめの文房具店などに置いてありますが、手に入らない時は白い封筒でも問題ありません。ただし、郵便番号等が印刷されていない無地のものにしてください。
表書きも不祝儀ではないので薄墨を使う必要はなく、普通の黒墨を使います。「御布施」「お布施」と書くか、何も書かないで空白のままにしておくかのどちらかにします。奉書紙ならば中袋の裏面、封筒ならば裏面の左側に住所、氏名、右側または中央に金額を書くのがマナーです。金額は頭に「金」を置き旧字体の漢数字を書くとより丁寧になります。たとえば10万円ならば金拾萬圓になりますが、もちろん、すべて縦書きです。

お札の入れ方

香典のように旧札にしなければいけないというルールはありませんが、新札では抵抗がある人も少なくありません。そんな時は、新札に一度折り目をつけて入れるのもひとつの方法です。ただ、注意しなくてはいけないのは、お札の入れ方は慶事と同じになるようにするという点です。半紙で包む場合は開いた時に肖像画が上になるように、封筒ならば表側上部に肖像画が来るように入れるようにしましょう。
以上のように、初七日のお布施は香典とは異なる点が多いことに注意してください。これは初七日だけではなく四十九日などその他の法要でも同じなので、しっかりと基本のマナーをおさえておくようにしましょう。

初七日で必要なお布施の相場とはShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


初七日に参列するときの服装とは

故人が亡くなってから7日目に営まれる初七日ですが、参列する際にはどのような点に注意すればいいのでしょうか? 服装や持ち物など葬儀と異なる点はあるのでしょうか? 気になるしきたりやマナーについても詳しく解説します。

服装と持ち物

初七日とは

仏教では、追善法要といわれる故人の冥福を祈って読経などを行う法要を大切にしています。かつては七日おきに営まれていましたが、現在でも初七日、四十九日にその名残りをとどめています。宗派によっても多少考え方は異なりますが、亡くなった方の魂はすぐに成仏せずに49日間、この世とあの世の間をさまよっているとするのが仏教の基本的な考え方です。無事に極楽浄土にたどり着くことができるようにと最初に営まれる追善法要が初七日なのです。

いつ行うのか?

本来ならば、亡くなった日または亡くなる前日から数えて7日目に行われますが、最近では葬儀と同時に執り行うケースが増えています。遠方から来る人や会社を休んで参加した人もいるので、7日おきに集まるというのはなかなか難しいことも多いでしょう。そのため、葬儀と同時に営むという方法が編み出されたのです。
葬儀と同日に行う場合には、葬儀と告別式が終わった後に火葬する前に行う「繰り込み法要」と、火葬後に遺骨を祭壇に安置して行う「繰り上げ法要」があります。「繰り込み法要」の場合には葬儀の参列者もそのまま参加しますが、「繰り上げ法要」では火葬場に行く前に一旦解散となり、親族や親しい人だけで営まれることが多いようです。

ふさわしい服装とは

葬儀と同日の場合には、服装はもちろん喪服でかまいません。男性ならば黒いスーツに黒いネクタイ、女性は黒のスーツやワンピースといった服装になるでしょう。ストッキングは肌色ではなく薄地の黒にして、アクセサリーはパール、ブラックパールなどをつけてもかまいませんが控えめにすることが大事です。靴や鞄も黒になりますが、光沢のない艶消しタイプの素材のものを選択するようにしてください。
葬儀とは別に初七日が営まれる時は、喪主や遺族は喪服を着ますが、参列者の服装は略式喪服でもかまいません。男女とも黒以外のグレー、紺などでも失礼にはならないのです。会社帰りに参列しなければいけない時なども、地味目のスーツならばわざわざ着替える必要はありません。ただし、小物や靴は黒で統一するなどして、派手になりすぎないように注意しましょう。

しきたりとマナー

精進落しのマナーについて

初七日法要の後は精進落しという食事会がよく行われます。かつて、故人が亡くなってから忌明けまでの49日間は、遺族は肉や魚などを断った精進料理を食べる風習がありました。四十九日法要で通常の食事に戻すことを精進落しと呼んでいましたが、それがいつしか法要の後に精進料理を参列者で食べることを精進落しというようになったのです。
精進落しは、施主が僧侶をはじめとしてお世話になった方をもてなす場という意味もあります。そのため、席順は僧侶が一番上席となり、続いて世話役代表者、会社関係者、友人、近親者、親族といった順番になることに注意しましょう。座席が決められている時は問題ありませんが、自由席になっていたら必ず自分にふさわしい場所に座るようにしなければいけません。友人であるにもかかわらず上席については失礼になりますし、かといって末席は遺族の場所なのであまり端に座りすぎてもいけません。自分と同じような立ち位置の人の様子を見ながら着席するようにしましょう。

香典について

初七日には葬儀とはまた別の香典が必要です。葬儀と同日に執り行われて、なおかつ参加をお願いされている時には、必ず2つ別々に香典を持って行くようにしましょう。初七日の香典の金額は葬儀の香典の半分が目安です。参加すべきかどうか判断に迷う時には、葬儀の香典とは別にお供え物の袋を用意して、そこに初七日用の香典を入れていつでも取り出せるようにしておき様子を見るという方法もあります。もちろん、葬儀とは別に後日執り行われる場合には、必ずあらためて香典を持参しなくてはいけません。

お供え物

初七日のお供え物は、参列者で分けて持ち帰るというのがマナーです。お供え物を持参する場合には、法要の後に参列者で分けて持ち帰れるようなものにするといいでしょう。カステラ、バームクーヘン、ロールケーキなど切り分けなければいけないものは施主の負担になるので避けた方が賢明です。個装になっている日持ちのするお菓子などがいいでしょう。
のしには「御供え」と書くようにします。参列者に年配者が多いようならば和菓子にするといった気配りも大切です。また、故人の好物にするのも本来のお供えらしいともいえます。初七日は、葬儀から忙しい毎日を過ごしてきた遺族がようやく普通の生活に戻る一区切りとなる日でもあります。参列者で故人を偲ぶとともに、遺族へのねぎらいの気持ちも忘れないようにしましょう。ルールやマナーを守ることももちろん大事ですが、思いやりの心を持って参列するようにしたいところです。

初七日に参列するときの服装とはShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


節目の四十九日法要の役割とは?

四十九日法要とは、故人が亡くなってから49日目に営まれる法要のことです。仏教ではなぜそのようなセレモニーが設定されているのでしょうか? その意味合いとともに、どのようなことを行い、どんな準備が必要なのかをここでは解説します。

四十九日とは

四十九日法要が大事な理由

仏教では、四十九日法要を非常に大事にしています。なぜならば、人は死後、7日おきに閻魔大王の裁きを受けて、それが7回繰り返された後に49日目に極楽浄土に行けるかどうかの判決が下されると考えられているからです。仏教にもさまざまな宗派があり、人は死後すぐに極楽浄土に行くとされる宗派、そもそも極楽浄土はないという宗派などもありますが、それでも四十九日法要は必ず営まれるといっても過言ではありません。

日程の決め方

この頃では、葬儀と初七日を同時に行うスタイルのセレモニーも少なくありませんが、さすがに四十九日までを一緒にすることはできません。本来ならば亡くなってから49日後が正しいわけですが、参列者の都合などを考慮して、本当の四十九日よりも少し前の土日などがよく利用されています。49日を過ぎてしまうのは、故人の魂をさまよわせることになるので避けた方がいいとされています。

会場はできるだけ早く予約する

会場は菩提寺のお寺の他、葬儀会館や自宅で行われます。もし、お寺や葬儀会館を使うならば、できるだけ早く予約をするようにしましょう。やはり、土日はどうしても予約が混み合うので葬儀の相談と同時に行うことができれば理想的ですが、遅くてもひと月前には会場を確定しておくことが必要です。

僧侶の手配こそ大事

希望の会場を押さえるだけではなく、肝心の僧侶の手配も忘れてはいけません。法要なので読経をしてくれる僧侶がいなくては始まらないともいえます。僧侶に別の予定が入ってしまうと日程をずらさなくてはいけなくなりますし、これも可能な限り早めに相談することをおすすめします。
もし、お墓の準備がすでにできていれば、四十九日法要と同時に納骨式を営むことになります。納骨法要もあわせてお願いすることを忘れないようにしましょう。

準備しておくもの

案内状を用意する

まず、四十九日法要の日程と場所を知らせる案内状は必須です。参列者も予定を調整する時間が必要なので、詳細が決まり次第できるだけ早く案内状を送付するようにしましょう。身内だけでこぢんまりと済ませる場合は電話だけの連絡になることもありますが、その場合には日時を正確に伝えるように十分注意しましょう。

本位牌と仏壇を用意する

葬儀にも使用する白木位牌は、四十九日を境に本位牌に魂を移すと考えられています。本位牌には戒名を文字入れする必要があり、完成までに1週間から2週間はかかります。四十九日から逆算して間に合うように発注するようにしましょう。
また、本位牌を設置するための仏壇も必要です。仏壇も配送まで時間がかかることが多いので10日前には手配しておくようにしたいところです。また、すでに仏壇があるならば本位牌の前に開眼法要をお願いするようにしておいてください。

料理や香典返しの手配

四十九日の法要の後には通常、精進落しの会食の場が設けられています。お寺、葬儀会館、和食レストランなどを予約しておきましょう。会食を省略する場合には、折り詰めのお弁当とお酒の小瓶を必ず渡すようにします。参列者の人数がわかったら、少し多めに見積もって予約しておくことをおすすめします。
また、お供えへのお返しの品物である引き出物の準備もしなくてはいけません。葬儀や初七日同様に食べたり使ったりすればなくなる「消えもの」を準備するのがマナーです。海苔とお茶のセットなどがよくあるパターンですが、必ずしもそうでなければいけないというルールはありません。どんな人が集まるかによって喜ばれるものも違ってくると考えられますし、洋菓子詰め合わせなどでも問題ないのです。
ただ、参列者の中には香典のみという人もいますし、誰がお供えを持ってくるかは事前には正しく把握できません。多めに用意しておくか、あまり高価ではないものをとりあえず全員分用意しておくというのもひとつの方法です。そして、過分なお供えをいただいた方にだけ、後日、お礼状とともに別の品物を贈るというやり方もあります。

四十九日法要のためにいくら用意する?

僧侶へのお礼であるお布施は、葬儀の1割程度とされているので、3万円~5万円が相場といえます。別途、僧侶へのお車代5,000円~10,000円、僧侶が会食を辞退した場合の御膳料5,000円~10,000円などが必要です。
引き出物はお供えの3分の1から半額の品物を用意することが多く、相場としては3,000円程度といわれています。会食費は1人あたり3,000円~10,000円が適当です。さらに、四十九日に通夜、葬儀からの忌中にいただいた香典をすべて返す風習の地方ならば、その分の費用も用意しなければいけません。表書きに忌明けを意味する「満中陰志」と書いて渡しますが、これは関西に多く見られるしきたりで、関東ではその通夜、葬儀ともに当日返しをすることが多いようです。

節目の四十九日法要の役割とは?Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


初七日に参列したら香典はどれくらい用意したらいい?

初七日とは故人が亡くなってから7日目に営まれる法要です。参列するならば香典はいくらぐらいを包めばいいのでしょうか。また、渡すタイミングなども気になるところです。ここでは、香典を渡す際の注意すべきマナーについて紹介します。

香典の相場

初七日とは?

本来、仏教では亡くなった方が極楽浄土に行くことができるように7日ごとに法要を行います。しかし、最近では初七日、四十九日だけにしてあとは省略するという形が一般的です。さらに、葬儀の中で初七日法要まですませてしまう形式も多く見られます。
初七日は、基本的には亡くなった日を1日目と数えた7日目のことです。なかには亡くなる前日を1日目として数える地方もあるので、必ずお住いの地域の習慣などに従うようにしましょう。

香典の相場は?

初七日も法要なので、もし参列することになったら必ず香典を持参しなければいけません。最近増えている葬儀と同時に行う形式だったとしても、葬儀のためのものとは別に持って行くようにしましょう。葬儀と同じ日ならば葬儀に用意した金額の半分、別の日に営まれるならば法要後の会食分を考慮した金額をプラスするようにします。
また、適切な金額の相場は故人との関係によって変動します。例えば近所の方ならば3,000円~5,000円、知人等ならば5,000円~10,000円、同僚などの関係者ならば10,000円~30,000円、親族ならば10,000円~30,000円、家族ならば50,000円~100,000円が目安になります。故人との関係が深いほど高額になるのです。また、年齢が上がるほどそれなりの金額を納めることがマナーとされます。
ただし、地方によってしきたりは異なるので、必ず隣近所のルールに合わせるようにしたいところです。とくに近所の方には町内会で一律500円~1,000円というように決められていることもあります。
また、金額で注意しなくてはいけないのは、必ず奇数にするという点です。なぜならば、仏事では偶数は避けるという風習があるからです。ただし、最近では20,000円を包む人もいるので個々人の考え方次第といったところでしょうか。

香典の渡し方

香典の表書きは?

初七日の香典には「御霊前」と書くのが一般的です。宗派によっても多少の違いはありますが、仏教では多くの場合、四十九日までは「御霊前」、その後は「御仏前」とされています。ただし、例外的に浄土真宗と曹洞宗では一貫して「御仏前」とします。なぜならば、浄土真宗では亡くなった人はすぐに極楽浄土に行って仏となると考えられていて、霊の存在を認めていないからです。曹洞宗では教えの中に極楽浄土は存在せず、即成仏するという考えからです。
以上のような厳密なルールを考えて「御香料」という中立的な表書きにする方もいますが、あまり一般的ではありません。先方の宗派がわかっていればそれに合わせるのがベストですが、わざわざ確認してはかえって失礼にあたる場合には、自分の宗教や宗派で正しいとされる表書きでもさしつかえありません。
表書きの下には参列する方のフルネームを書きます。もし、夫の代理で妻が参列するならば、来るはずだった夫の名前を書き、その下に「内」と添えるようにします。そうした場合には、会葬名簿にも同じように記載しましょう。故人と夫婦で交流があった場合は連名でもかまいません。友人ならば、中央に代表者の氏名を書いて左下に「他三名」などと添え、会社ならば「○○株式会社 △△部一同」とします。
中袋には、包んだ金額と住所氏名を縦書きで記します。もし、連名で用意した場合には必ず人数分の住所氏名をもれなく書いておくようにしましょう。いずれにせよ、遺族が香典返しをする際に住所録の管理をしやすいように間違いなく記入しましょう。

香典の包み方

不祝儀袋を使いますが関東では白黒、関西では白と黄色の水引がよく使用されます。新札ではなく、必ず古いお札を用意するのがマナーになっているので注意しましょう。新札で包むと「不幸が来るのを待って準備していた」とする考え方があるからです。まず中袋にお金を入れますが、この時、お札の人物面が裏面・上側に来るようにします。

渡すタイミング

初七日法要に呼ばれた時には受付の際に渡すようにしますが、迷うのは葬儀と同時に営まれる場合です。「初七日にも参加して欲しい」と遺族に事前にいわれていたならば、葬儀の受付でまとめて渡してしまって問題ありません。御霊前とは別にお供物の袋を用意して、そちらに初七日用の香典を入れておくようにするといいでしょう。
初七日に参加すべきかどうか様子を見なくてはいけない時も、御霊前とお供物の袋を別にしておけば、状況次第で対応することも可能です。知人の葬儀に出向き「初七日は身内だけで行います」といわれたら、お供物の袋から香典を抜いて持ち帰れば問題ありません。また、初七日用にはほんの気持ち程度を包み「返礼不要」としておけば、どのように案内されてもお互い気を使うことがなくすむでしょう。臨機応変に最適な方法を使い分けてみてはいかがでしょうか。

初七日に参列したら香典はどれくらい用意したらいい?Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


亡くなって最初の法要である初七日に必要な準備

初七日とは亡くなった日から数えて7日目に営む法要のことです。「小さなお葬式」とも呼ばれていますが、そもそもなぜ執り行われるのでしょうか。その意味、法要の流れ、気をつけなければいけない点、準備するものなどについてまとめましたので、参考になさってください。

初七日とは

宗派によって意味合いが違う

本来、仏教では亡くなった日から7日ごとに供養を行うことになっています。亡くなった方が無事に極楽浄土へたどり着けるようにと、7日ごとの法要をするのです。その最初の法要は特別に初七日と呼ばれ、故人の霊はまだこの世とあの世の間にいると考えられています。
ただし、浄土真宗では誰でも亡くなってすぐに極楽浄土に行くとされているので、初七日は亡くなった人に感謝の気持ちを伝え、信仰を深めるための法要と位置づけられています。

いつから7日目なのか?

亡くなった日から数えて7日目の初七日ですが、数え方には注意しなければいけません。亡くなった日を1日目とカウントすることがほとんどですが、地方によっては亡くなった日の前日を1日目とすることもあるのです。必ずお住いの地域の習慣を調べてから執り行うようにしましょう。

繰り上げ法要・繰り込み法要も多い

この頃、葬儀と初七日を同時にすませてしまう繰り上げ法要・繰り込み法要が増えています。それでもまだ地方では別々に行うところも少なくありませんが、都心部ではほぼ繰り上げ法要・繰り込み法要となっているといっても過言ではありません。仕事の都合などを調整して7日おきに集まるというのは難しいこともあり、いつの間にかこのスタイルが定着したのです。
繰り上げ法要と繰り込み法要の違いは、火葬の前と後のどちらに初七日を実施するかです。繰り上げ法要では、火葬後に葬儀場に移動して行いますが、繰り込み法要では火葬前の葬儀中に行います。最近、もっとも多いのが繰り込み法要です。しかし、やはり地方によっては繰り上げ法要・繰り込み法要はタブーという場合もあるので、必ず地域の葬儀社などに相談するようにしましょう。

準備しておくもの

僧侶へのお礼

繰り上げ法要・繰り込み法要の場合は葬儀と一緒に葬儀社などが段取りをしてくれますが、葬儀とは別に本来の日程で行うならば自前でいろいろと準備を進めなければいけません。たとえば、僧侶へのお礼もきちんと用意しておくようにしましょう。白無地の封筒に表書きとして「お布施」「お車代」として、下に施主のフルネームを書きます。
金額の目安はお布施が3万円~5万円、お車代が5,000円~1万円が全国平均とのことなので参考にしてみてはいかがでしょうか。お車代もお布施の中に入れて、まとめてお布施として渡すようにしてもかまいません。

会食の手配

初七日の後は、僧侶や参列者に精進落しとして会食の場を設けるのが一般的です。出席者の数がだいたい決まったところで、できるだけ早く場所とメニューを予約しておきましょう。葬儀会館、仕出し屋、日本料理店、ホテルなどが使われますが、1人3,000円~4,000円程度の料理が用意されることが多いようです。

精進落しの挨拶

精進落しの時には、最初と最後の挨拶が欠かせません。施主が行うことがほとんどですが、しかるべき年長者がかわりをつとめることもあります。参列していただいたことへの感謝はもちろん、故人のさりげないエピソードなどを加えたいところです。必ず当日までに挨拶の内容を考えておきましょう。

お供え物

繰り上げ法要・繰り込み法要の時には、葬儀用にいただいたものを供えるだけで十分です。日を改めて行う場合は、葬儀から7日目までにいただいたものをすべてお供えします。お供えには故人の好きだったものがならぶものですが、地域によっては「法要の後にみんなで分けて持って帰る」ことを前提に品物が選択されることもあります。必ず参列者にお土産として渡すことを忘れないようにしましょう。

お供えへのお返し

お供えを参列者で分けてしまうとしても、お礼は必ず用意しなくてはいけません。これは当日ではなく、四十九日の法要が終わり忌明けをしてから送付するようにしましょう。金額の目安としては、いただいたお供えの3分の1~半額程度のものを選択します。必ず食べたり使ったりしてなくなるものを選ぶように注意してください。
場合によっては、初七日と四十九日の2回にわたってお供えをいただくこともあります。このような時には、四十九日後にまとめてお返しをするようにしましょう。
ただ品物を送るだけではなくお礼状もつけて、お供えへのお礼、法事が無事に済んで故人を送り出すことができた報告も忘れないようにしてください。「本来ならば直接伺うべきところを、書面の挨拶になってしまい申し訳ございません」という文言も必ず付け加えるようにします。
いずれにせよ、葬儀から四十九日までというのは何かとバタバタして、誰から何をもらったのかわからなくなりがちです。しっかりとエクセルなどで管理しておくことをおすすめします。金品だけではなく、情報についての管理や準備もしっかりと行うようにしましょう。

亡くなって最初の法要である初七日に必要な準備Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。