引き出物 カタログギフトのマナー | 記念品トレンドニュース情報速報

引き出物 カタログギフトのマナー最新情報の一覧

引き出物は好きな商品を選べるカタログギフトがおすすめ

最近、引き出物にカタログギフトを選択するカップルが増えています。ゲストが好きな商品を選べるのが魅力だからこそ「カタログに欲しいものがなかった」というようなことにならないように注意しなければいけません。適切な選び方のポイントを紹介します。

カタログギフトとは

カタログギフトの流れと仕組み

まず、贈り主が予算や取り扱い商品などから各社のカタログギフトを吟味して、気に入ったものを選択します。百貨店のギフトコーナーの他、最近ではウェブショップ経由の注文も可能です。
カタログギフトが決まったら贈り物をしたい相手に手渡し、またはメーカーからの配送などによって届けます。カタログギフトを受け取った先では、カタログギフトの中から好きな商品を選択できるようになっています。
欲しいものをどれにするか決まったら、直接、カタログギフトメーカーにハガキ、FAX、メール等で申し込み、あとは商品が届くのを待つばかりというのがカタログギフトの大まかな流れです。

結婚式の引き出物にふさわしい理由

最近、結婚式の引き出物にカタログギフトを採用するカップルが増えています。結婚式には老若男女さまざまな人が参列するため、すべての方によろこばれる品物を見つけるというのはなかなか大変なものです。しかし、品揃えが豊富なカタログを選べば、すべてのゲストが何かしらを気に入る可能性が高まります。
また、ゲストにとっても、すでに家にあるものを重複してもらわなくてはいけないリスクを回避することができます。
何よりも重い品物を結婚式当日に持ち運びしなくてもいいというのは大きなメリットといえるでしょう。

カタログギフトの有効期限

近年では、結婚式の引き出物を始めとするお祝いの品にカタログギフトを選択するケースが増えています。しかし、カタログギフトを使う事に慣れていない方は、早く商品を選ばなければ無効になってしまうと焦るケースも多々あるでしょう。確かに、カタログギフトには有効期限があるものがほとんどです。とは言え、多くのカタログギフトでは、忘れてしまう事がない様、期限が近づくとお知らせが届く仕組みにしている場合がほとんどなので、期限を忘れてしまう事を気にする必要はありません。しかしながら、有効期限内に引換えハガキを投函しないと当然の事ながら無効になってしまいますので、絶対に忘れない様に気をつけましょう。さらに、カタログギフトのハガキには、新郎新婦の名前が入っているケースがほとんどですので、普段から結婚式に参列する頻度が高い方でも、贈り主を忘れてしまうといった問題もないでしょう。

カタログギフトのシステム料とは

カタログギフトにはいろいろな値段の商品がならんでいますが、たとえば【5,000円(システム料込み)】のような記載になっています。このシステム料とは、カタログ代・メッセージカード・箱・包装紙・のし紙・申し込みハガキ代・商品配送料などです。もしシステム料が500円程度ならば、商品はおよそ4,500円ということになります。

カタログギフトの選び方

「自分では買わない」ものがよろこばれる

結婚式の引き出物では「自分ではあまり買わない高級なもの」がよろこばれる傾向がありますが、カタログギフトもそれは変わりません。たとえば、高級ブランド品などはやはり多くの方がもらってうれしいものです。
ただし、高額商品となると贈る方にとっても大変な負担になってしまいます。ハイブランドのタオルなど、無理なく贈ることができて、なおかつ、もらった側はちょっとした贅沢感を味わえるようなものにしてみてはいかがでしょうか。

ブライダル専門のカタログギフトがある?

一口にカタログギフトといってもさまざまなタイプがあります。なぜなら、カタログギフトを贈るシーンは、結婚式のみならず、葬儀などでも用いられる事が多いからに他なりません。つまり、活用シーンに合った商品がラインナップされている専用カタログギフトがあるという事です。結婚式の場合はブライダルカタログギフトを用意するケースが多く、内容もおめでたい席にぴったりな商品が用意されています。リゾート施設の宿泊券や可愛らしい食器のセットなど、選ぶ際に悩んでしまう様な素敵な商品がラインナップされています。

個性を発揮することも大事

カタログから商品を選ぶだけというのは手軽ではありますが、味気ない印象を与えてしまうこともあります。つまらない引き出物にしたくないと考えるカップルならば、体験型のカタログギフトを選択するというのもひとつの方法でしょう。
たとえば、レストランやカフェでの食事、テーマパークの入場券、おけいこごとのレッスンチケット、旅行などを選べるカタログもあります。贈る相手を楽しませたいと考えているならば、こういったタイプを選ぶのもいいかもしれません。
いずれにせよ、引き出物は結婚式に参列してくださった方へおもてなしと感謝の気持ちをあらわすために贈るものです。新郎新婦の個性を発揮することももちろん大事ですが、もらった相手が本当によろこんでくれそうなのかどうかよく考えるようにしなければいけません。
参列者全員がうれしい贈り物というのはなかなか見つけられないものです。ゲストの方がある程度、自分の欲しい商品を選べるカタログギフトならば「これはもう家にある」というようなものをうっかり贈ってしまう可能性もありません。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

引き出物は好きな商品を選べるカタログギフトがおすすめShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。