婚約 パーティーのマナー | 記念品人気トレンドニュース最新情報速報

婚約 パーティーのマナー最新情報の一覧

親しい友人を集めて行うのが婚約パーティー

自分たちのめでたい瞬間は、より多くの人に祝って貰いたいと考える方も少なくないでしょう。そんなとき、結婚式とも結納とも異なる婚約パーティーは、重宝する存在となってくれます。とはいえ、この名称に聞きなれない人も少なくないことでしょう。今回は、そんな魅力的な婚約パーティーに関するポイントを特集しました。

婚約パーティーとは

婚約パーティーの特徴

結婚にパーティーはつきものです。親睦を深めたり楽しんだりするなどして、和やかな雰囲気に包まれます。主には結婚式後の2次会、3次会パーティーが代表的ですが、実は婚約パーティーがあるのもご存知でしたでしょうか。結婚前のタイミングであるため、重要度は少し下がるような印象も感じられるかもしれませんが、決してそうでもありません。役割としては、むしろ結婚式後のパーティー以上にメリットを感じられる存在でもあります。特徴を知って、ぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

どのような目的でおこなわれるの?

婚約パーティーの目的、それは婚約したということの報告です。第三者も含めてその事実を認識してもらうことにより、より一層結婚の瞬間を身近に感じることが可能となります。とはいえ、婚約の報告だけであれば、他にも似たような行事は存在します。中でも結納は、有名な存在でしょう。ただ、結納の場合は、まとまった結納金が必要である、堅苦しいしきたりに従わなければならない、厳かな雰囲気で進めるなど、少々敷居の高い印象が特徴的となってしまいます。つまり、婚約パーティーはフランクな結納のような意味合いで開く上でも適しているのです。結婚するカップルの中には、若い男女も少なくないでしょう。そんなとき、堅苦しい結納は少々抵抗を覚えるかもしれません。ルールが難しくなく、また費用もそこまで必要としない手軽な婚約報告の形として、重宝できます。

婚約パーティーの流れについて

フランクなパーティー形式とはいえ、結婚の前準備として重要であるため、ある程度決められた段取りというものも存在しています。まず場所についてですが、婚約式と併せて行うケースも多く、ホテルやレストランの一室、または喫茶店・カフェなどを貸切にしておこなうのが定番です。その他、自宅を会場にするケースも増えてきています。人数によっては、公共の施設を貸しきってもよいでしょう。婚約パーティーである旨を事前に伝えておくと、会場側も協力してくれることでしょう。
流れとしては、まずオープニングにおいて婚約を報告します。二人が前に立って発表する、または誓いの言葉を述べる方法でもよいでしょう。あとは、婚約誓約書の捺印や記念品の交換を経て、会を進行していきます。主要な部分としてはこの程度です。あとはみんなに楽しんでもらうことこそが本分であるため、パーティーの和やかな雰囲気を自由に味わってもらいましょう。
ポイントは、結婚式の日取りを伝えておくことです。あくまで婚約パーティーは婚前イベントであるため、結婚式へ向けた準備も重要となってきます。また来てくれた参加者ひとりひとりに、お礼の挨拶をすることも重要です。メインである結婚式へ向け、いい印象をもってもらえるよう努めましょう。

ルールやマナー

どのような服装が理想的?

結婚式ではなく、かといってただ楽しむだけのためのパーティーでもない、そんな婚約パーティーでは、服装選びも重要となってきます。本人それぞれ、そして参加者についても気遣いが欠かせません。
本人たちについては、格式を重んじるなら男性なら黒の上下にシルバーのネクタイといった準礼装が一般的です。女性は和装と洋装で趣向が少し異なります。和装なら訪問着か中振りを、そして洋装であれば、昼はセミアフタヌーンドレス、夜ならカクテルドレスといった具合です。ですが個人宅でおこなうのであれば、さらに軽いものでも問題ありません。男性は紺やグレーのセミフォーマルウェア、そして女性は付け下げ程度の和服、洋装であれば時間帯に適したドレスがおすすめです。いずれも、パーティー形式ならではの手軽さが特徴的です。これもまた、結納との大きな違いでしょう。

家族や参列者における服装のマナー

続いて、母親や立会人についてです。この場合に関しても、準礼装で問題ありません。和服なら訪問着か無地を、洋装を選択するなら、本人同様の時間帯に適したドレス等がおすすめです。
特徴的なのが、参列者についてです。冠婚葬祭のイベントのひとつに関連したものとはいえ、ここでは逆にあまり形式に捉われる必要がありません。とにかく、婚約を交わす二人の記念すべき日を心から楽しむことが大きな目的となります。形式張らず、楽しい時間を満喫しましょう。主には、男性が普通の背広、女性はドレッシーなワンピースなどの外出着が一般的です。コサージュなどをつけて、喜びを表現するとなおお祝い感がプラスされるかもしれません。注意点は、カジュアル過ぎるものや逆に、主役の本人たちよりも華やかになりすぎるのは避けるということです。どの程度の格式に整えればいいのか事前に確認した上で、場に適した服装で、マナーに合った祝い方をしましょう。

親しい友人を集めて行うのが婚約パーティーShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。