懐石料理 マナー | 記念品人気トレンドニュース最新情報速報

懐石料理 マナー最新情報の一覧

懐石料理をいただく際のマナーを知ろう

上品でマナーに厳しい料理と思われがちな懐石料理ですが、実は多くの方が抱いているイメージとは違い、非常に質素でシンプルな食事と言えます。では、普通の食事の様に、出されたものを好きなだけ、好きな様に食べるものなのか? というと、そうではありません。以下では、懐石料理の作法について詳しく紹介していきます。

懐石料理の楽しみ方を知る

和食の正しい作法を知ろう

テーブルマナーとまではいきませんが、日本料理を食す際には最低限守るべき正しい作法があります。例えば、刺身などをわさびでいただく際は醤油にわさびを溶かすのは不適切とされ、切り身の上に必要な量のわさびを乗せ、醤油をつけるのが正しい作法とされていたり、椀の蓋を開ける際は蓋を持って右側に回し、数秒待ってから外すとされているなど、食べ物によって様々な作法があります。さらに、料理がこぼれない様、手のひらで受ける動作をしつつ食べ物を口に運ぶ方は多いと思いますが、実はこれもマナー違反なのです。例えば、刺身や寿司を食べる際は、醤油が落ちるのを防ぐため、片手で小皿を持つのが正しい作法とされています。間違っても手で醤油を受けようとしてはいけません。
また、魚の焼き物が一尾丸ごと出た際は、直に魚に触れて頭や尾を取っていませんか? 実はこれも間違った作法なのです。その場合は、魚の頭の上に二つ折りにした懐紙を置き、左手でそれを押さえながら身を取るのが正解です。懐紙の使い方としてもう一つ紹介すると、ぶどうなどの種や皮を捨てる必要があるものを出された場合は、懐紙にそれらを包み、果物が入っていた皿に置くのが正しい作法とされています。
そして、日本料理における最も大切な作法と言われているのが「箸の使い方」に他なりません。
改まった席で和食をいただくことに苦手意識を持っている方の多くが、箸の使い方に自信がないためと言われているほど難しいものと言えます。しかしながら、勘違いしてはいけないのが、何も「箸を正しく持て」ということではありません。あくまで、箸を取るまでの流れを知っている必要があるということです。右利きの方をケースに説明すると、まず右手で箸を取り、次に左手で支える様に箸を持ちます。そして右手を箸から離さない様にして、上から下に持ち替えるという流れです。左利きの方はその逆を実践していただければ問題ありません。
さらに、絶対にやってはいけない箸の使い方を紹介すると、器の上に箸を乗せて箸休めをするのもNGです。食事の手を止める場合は、必ず箸置きを使いましょう。万が一箸置きがない場合は、紙の箸袋を結んで簡易的な箸置きを作りましょう。また、汁物を食べた後などにありがちですが、箸先から汁を垂らしながら料理を口に運ぶ「涙箸」も行儀の悪い行為ですし、どれを食べるか箸を動かしながら考える「迷い箸」や食べ物を箸先で刺して食べる「刺し箸」もマナー違反と言えます。正しい箸の使い方を覚えることで、きっと料理の楽しみ方も変わってきます。もう大人だから今更遅いと嘆かず、正しい箸の作法を知っておくことをおすすめします。

懐石料理の作法とは?

懐石料理の作法とは言え、基本的には先に紹介した和食の正しい作法に習って食事を楽しむことが前提となります。さらに出てくる料理によっては最低限守るべきルールがあり、それらを覚えておくことで不安なく懐石料理を楽しめるでしょう。
まず、最初に出てくる「飯と汁」は、汁から最初に食すのが一般的です。その後は交互で構いません。次に、お酒をすすめられたら、杯を右手に持ち、左手を下に添えてお酌を受けましょう。受けた杯は一度元の場所に置き、全員のお酌が終わったところで同時に最初の一献をいただくのがマナーです。さらに一汁三菜の最後となる焼き物は、大皿で出てくるケースが主です。器に取り箸が備え付いていることがほとんどなので、それを使って空いた向付の器に魚の切り身を置きます。ちなみに取り箸を使う際は、次に使う方に会釈をし、「お先に」とお声がけするのもマナーです。これらの様に、出された料理によって最低限守るべきマナーこそありますが、基本的には失礼のない作法で食すことを心がけていれば問題ないでしょう。

懐石料理をいただく際の服装とは?

服装にもマナーがある?

実を言うと、懐石料理店にはあまりドレスコード的な決まりはありません。とは言え、あまりにも悪目立ちしてしまう格好や、明らかにその場にふさわしくない格好をして行くのは避けたいところです。何より、懐石料理をいただく際は、何かしらの祝い事やかしこまった席であるケースが多いため、食す物だけでなく、その日の催しのテーマにも合わせる必要があるでしょう。しかしながら何かのお祝い事だとしても、派手な色やデザインは避け、なるべくシックで落ち着いた色合いのものを選ぶべきです。さらに、肌の露出が多いものや、体のラインが強調される様なものも避けましょう。普段から特別な日に着物を着る習慣がある方は、着物をチョイスすることをお勧めします。

その他に注意すべき点とは?

洋服だけでなく、アクセサリーにも気を配るべきです。大きな指輪や不自然な程に長いネックレスなどは、その場の雰囲気に合わないだけでなく、繊細な食器やインテリアを傷つけてしまう恐れもあります。なるべくシンプルでさりげなくつけられるアクセサリーを選びましょう。また、懐石を始めとする日本料理は、見た目だけでなく香りも同時に楽しむ食事です。特別な日の会食とは言え、料理の香りを損なってしまう程に強い香水などはつけない方が良いでしょう。

懐石料理をいただく際のマナーを知ろうShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。