忘年会 | 記念品トレンドニュース情報速報

忘年会最新情報の一覧

忘年会の会場選びで失敗しないポイント

忘年会は、一年を締めくくる納会です。単なる飲み会以上に盛り上げたいのは当然ですが、職場の忘年会の場合は上司も部下も一斉に集まる会合になることを忘れてはなりません。会場選びは、幅広い世代や立場の人が満足できる場にすることが大切です。ここでは、忘年会の会場選びについてのポイントについてお話します。

忘年会場のチェックポイント

参加しやすい場所

会場に選びたい場所は、参加者が足を運びやすいことが大切です。職場の忘年会の場合は、職場の近くに会場をセッティングして、当日仕事に忙しい人にもアクセスしやすいようにしましょう。会場自体は良い雰囲気にもかかわらず、アクセスしにくい場所だったということになると、後々の評判に影響が出てきます。さらに気を利かせた会場選びにするには、二次会に便利なお店が周辺にあるかどうかもチェックしておくことです。プライベートの忘年会でも、参加者が集まりやすいこと、駅近であることは高ポイントです。

個室か貸切で

職場などのパブリックな忘年会ほど、周囲の目が気になります。職場のイメージもありますし、うっかり社外秘が漏れてしまわないように注意しなければなりません。そのため、会場は個室か貸切がおすすめです。そのほうが、余興なども行いやすいでしょう。規模が大きな集まりの場合は特に、融通がききやすい貸切が便利です。
お店のジャンルは、年齢層が幅広い場合、落ち着いた雰囲気を優先しましょう。和風居酒屋などは、どの世代にも受け入れられやすいものです。打ち解けた関係での集まりの場合は、参加者にリクエストをとってみるのも一案です。毎年のように同じ会場が好まれることもあれば、飽きられてしまうこともあります。毎年楽しい会にするために、去年は洋風だったので今年は中華風でというように趣向を変えてみるのも面白いものです。
女性の参加者が多いときは、靴を脱がずに済む席が喜ばれることもあります。ブーツを履いている女性も多いシーズンだけに、靴を脱ぐ会場というだけで嫌がられてしまわないように配慮しましょう。

料理とお酒

忘年会では、基本的に飲み放題が好まれます。プライベートな集まりの場合は参加者それぞれが好きな飲み物を注文するスタイルが好まれることもありますが、予算を考えると飲み放題にしたほうがお得です。そこで肝心になるのが、飲み放題の内容です。お酒が好きな参加者にとって、どの飲み物が飲み放題になるのかは重要です。リーズナブルな飲み放題だと思ったら、ビールが発泡酒だったというケースもあります。
それほどの量は飲まないものの、お酒の内容にこだわりたい参加者の場合、サワーの種類やカクテルがあると満足してもらえることもありがちです。日本酒が飲みたい上司がいるにもかかわらず飲み放題メニューに日本酒が含まれていない場合、追加注文せざるを得ないかもしれません。お酒の雰囲気だけ楽しみたい参加者のために、ノンアルコールのドリンクがあったほうがよい場合もあります。
貸切でブッフェ形式という忘年会も可能ですが、コース料理にすることも多いものです。料理の質や量にも気を配っておき、参加者の満足度を高めましょう。遅れて参加する人がいる場合、料理を十分に楽しんでもらえない可能性があります。その際の配慮もしておくと、喜ばれます。
年末には、日本全国が忘年会シーズンとなります。せっかく良い会場を見つけたにもかかわらず、予約が取れず満足してもらえない会場になってしまうのは残念です。早めに日程を決めて、会場予約をすかさず入れておくのが成功するポイントです。

下見でのチェックポイント

下見のすすめ

会場の下見は、事前に必ずしておくことをおすすめします。インターネットで良さそうな雰囲気のお店を見つけても、実際に利用してみるとイメージと違ったということがありがちです。下見をして会場選びをすることで、より楽しい忘年会にできます。下見のために利用してみると、お店側が協力的かどうかも判断できるでしょう。会場の雰囲気は、料理やおしゃれかどうかだけでは決まりません。接客してくれる人によっても、その時間を楽しめるかどうかが左右されるのです。お店としても、どのようなお客が利用するのかを把握していれば、サービスしやすいでしょう。

下見のチェックポイント

会場の下見をするときには、チェックしておきたいポイントをあらかじめ控えておくことです。当たり前のようなことでも、きちんとチェックしておけば後々困ることがありません。押さえておきたい基本的なポイントとして、収容人数や予算、会場の雰囲気やスタイル(座敷・貸切・個室など)、コース内容とドリンク内容についてがあります。これらは最も基本なポイントで、最優先にチェックしておきたいことです。
参加人数が変わったときの変更方法やキャンセル料などについても、確認しておくことが大切です。キャンセルなどしないと思っていても、何があるかはわかりません。万が一のことを想定して、備えておくことが幹事には必要です。会が盛り上がったときに、どのくらいにぎやかにしてもよいかも重要です。楽しく盛り上がっていたら注意されてしまったなどということになれば、一気に雰囲気が悪くなってしまいかねません。楽しみながら、なおかつお店に迷惑がかからないようにすることが肝心です。

忘年会の会場選びで失敗しないポイントShaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


忘年会の余興はクイズ、お笑い、ダンスなどもOK!

忘年会の余興というとクイズ大会を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、お笑い、ダンスなどもおすすめです。ゲーム形式の勝ち抜き戦にして、勝利者に景品をプレゼントするなど工夫次第でさらに盛り上げることもできるでしょう。いずれにせよ、キーマンとなるのは司会者です。どのような点に注意すれば良いかなどをまとめましたので、幹事さんはぜひ参考になさってください。

忘年会の余興にはコレがおすすめ

王道のクイズ大会

クイズ大会はルールの説明も不要ですし、誰でも気楽に参加できる余興のひとつといえます。特定の年齢しかわからないような話題を避ければ、新入社員からベテラン社員まで一緒に盛り上がることができるでしょう。たとえば、ネタはすべて会社内の「社内クイズ」にすれば誰もが楽しめます。自分や自分にかかわりのある人に関するクイズなので退屈せずに過ごせそうです。
また、広めの会場を予約できたなら、ジェスチャークイズにしてみるのも良いかもしれません。いつもは近づきがたい人の意外に面白い動きが披露されるなどして、お互いの距離を縮めるきっかけにすることもできるでしょう。

お笑いバトルで盛り上がる

幹事さんがどんなに一生懸命企画した忘年会でも、必ずしも参加者の記憶に残るとは限りません。案内された場所に出かけてなんとなく飲食してというように受身的に参加していては、印象に残らないのも致し方ないともいえるでしょう。
能動的に参加してもらうには、たとえばお笑いバトルを実施するというのもひとつの方法です。参加者は忘年会までに少なくとも1つはお笑いネタを考え披露するという形にしてみてはいかがでしょうか。しかし、下手をするとあまり面白くない内輪受けで終わってしまう可能性があります。
そこでおすすめしたいのがバトル方式の採用です。優勝者には豪華な景品や商品券などを用意してモチベーションアップを図ることで、お笑いのクオリティを向上させてみてはいかがでしょうか。

世代を越えたダンスバトル

ダンスというと若者だけのもののように思われがちですが、最近では老若男女が楽しめる振り付けも増えています。1人で踊るのは抵抗があっても、何人かの群舞(ぐんぶ)ならばできるという人も少なくありません。流行モノならば少し動画検索するだけでたくさんのお手本が出てきますし、そういった動画を見ながら1人でおさらいできるのもメリットです。
会社でそれぞれ忙しく働いているメンバーでしょうから、全員揃っての練習回数はできるだけ少なくしたいところです。動画を見ながら自主練できるダンスならば、全員での練習は極力少なくすることもできるでしょう。歌や劇などと比較しても取り組みやすいといえます。

司会者が気をつけるべきポイント

全員が参加しているかチェックする

以上のように能動的に参加できる余興をプラスすることで、忘年会はグッと盛り上がること間違いなしです。司会者は、司会進行はもちろんですが、全体を見渡せる唯一の立場でもあります。全員が楽しく参加できているかどうか、つねに目を光らせるようにしておいてください。
参加型の忘年会は非常に盛り上がりを見せる可能性がある一方で、自分の出番以外はスマホをいじってばかりいてまわりと交流しようとしないといったケースも発生しがちです。他の人が出演している時にスマホを操作しているといったことのないように、司会者はつねに目を光らせなければいけません。
そこでスマホを触っているところを見つけたとしても、ストレートに注意しては忘年会の楽しい雰囲気も台無しです。興味を持ってもらえるような話術が期待されます。
とにかく、会社の忘年会は全員が楽しいひとときを過ごすことができるかどうかが一番大事です。一部の人だけのお楽しみになっていないか、よく注意するようにしましょう。

司会の緩急を考える

忘年会は緩急も大事です。料理やお酒を楽しむ時間もありながら、余興の時間になったら大いに盛り上がるというのが理想的なパターンでしょう。ですから、司会者もつねにハイテンションでいる必要はありません。それではただのうるさい司会者になってしまい、参加者はつまらないと感じることもあるでしょう。賑やかにするところ、静かにするところ、全体の構成を考えた上で緩急をつけるようにしてみてはいかがでしょうか。

トレンドについてある程度理解しておく

その時々にブレイクしている芸能人が元ネタになっている余興も少なくありません。しかしし、ほとんどテレビを見ない司会者だと「何のことをしてるのか」と、理解できないでしょう。もし、司会者に任命されたなら、ある程度はその年の流行を振り返っておきたいところです。最近では情報をまとめたサイトなども数多くあるので、目を通してみるのも良いでしょう。

時間配分に注意する

忘年会は時間決めでお店等を予約しているはずです。予定時間内にすべてが納まるように、つねに時間配分に注意しなければいけません。会社の一室などで行う場合も、ダラダラと後ろ伸ばしにするのはNGです。決まった時間に帰りたい人にとってはストレスですし、プライベートも何かと忙しい年末年始は、次の予定が控えている人もいるでしょう。終了時間はきっちり守るように心がけてください。

忘年会の余興はクイズ、お笑い、ダンスなどもOK!Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。


忘年会のゲームで簡単に盛り上がるとっておきの方法

忘年会で何となくお酒を飲んだり食事をしたりするだけではなく、ゲームを取り入れると大いに盛り上がるものです。「大人数が全員参加できるようにしたい」「少人数だが景品をつけたい」など、会社ごとにいろいろなニーズもあるでしょう。幹事さん必見の忘年会のゲームを成功させるノウハウについて紹介します。ぜひ参考になさってください。

忘年会にはゲームがピッタリ

ゲームをおすすめする理由

最近、会社の人たちと飲みに行くことをできるだけ避けようとする若者が増えているそうです。普段の飲み会だけではなく、忘年会などのイベントを欠席する人も少なくありません。忘年会は仕事仲間の普段は見えない一面を知り親睦を深めることができる貴重な機会でもあります。なんとかよりたくさんの出席者を集められないかとお悩みの幹事さんも少なくないのではないでしょうか。
そこで、おすすめしたいのがゲームです。「お酒の席は苦手」という人の参加への敷居も低くする絶好のツールといえるでしょう。近頃の若者が酒宴を避けるのは「お酒が入った親しくもない年配者の長い話に相槌をうつのが苦痛」という理由も大きいのですが、ゲームという共通の目的があればそのような会話をする必要もありません。若者の忘年会離れを防止することもできるでしょう。

ゲームを取り入れる際の注意

何よりも全員で盛り上がれるように注意しなければいけません。参加者が大人数でも、できるだけ全員が加われるようにして、1人でポツンとしている人を作らないようにしましょう。幹事さんだけではなく何人かスタッフを配置して声掛けなどを積極的に行ってみてはいかがでしょうか。大人数ならばチーム対抗戦なども可能ですし、ワイワイと盛り上がることが期待できます。
一方、少人数では盛り上がりに欠けるリスクがないともいえません。もし、予算があればテレビなどの豪華な景品が当たるようにするなど工夫が必要になってきます。ただし、少人数ならば会場予約が簡単などのメリットもあります。それぞれの人数に合わせて、ぜひ忘年会にゲームを取り入れてみてはいかがでしょうか。

忘年会にどんなゲームを取り入れる?

王道のビンゴ大会

王道のビンゴ大会ならば、大人数でも少人数でも簡単に盛り上がることができるでしょう。役員の方やベテラン社員の方でも抵抗なく参加しやすく、誰でもルールを知っているので司会進行が簡単なのも魅力的です。まずはオンラインショップなどでビンゴカードを入手しましょう。次にプレゼントを用意しますが、ここが幹事さんの腕の見せ所といっても過言ではありません。もらって嬉しい実用品、会場が盛り上がるオモシログッズなど、何パターンか用意してみてはいかがでしょうか。

後出しじゃんけん大会

文字通り、司会者が後出しをして参加者の勝敗が決まるじゃんけんです。後出しのペースをどんどん上げて、場を盛り上げましょう。慣れてきた頃に「次は引き分けの人が残ります」「負けた人が残ります」等、変化球的な指示を出してみるのも一興です。そうして最終的に1人の勝者が選ばれたら、豪華な景品をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

利きドリンク大会

利き○○というと利き酒が有名ですが、忘年会参加者の中にはお酒が苦手な人もいるでしょう。しかし、たとえば利きオレンジジュース大会にすれば、比較的アレルギーなどの心配もなく誰でも参加できます。シンプルに利き水にすれば、より安心です。少人数ならば全員の出身地の名水をならべるのも面白そうです。大人数なら、チーム分けをしてチーム対抗合戦にしてみてはいかがでしょうか。

ジェスチャーゲーム

こちらもよく知られたものなので、新入社員からベテラン社員まで誰でも楽しめます。グループ対抗戦にもピッタリなので、大人数の会社などにおすすめです。まず、各グループで選出されたジェスチャー演者は司会者からのお題をもらいます。次に演者は自分のグループのメンバーに、お題をジェスチャーで表現します。時々、司会者が難問を出すことによって、普段は真面目な人の思わぬジェスチャーが披露されるなど、笑いの渦が起きることでしょう。チーム対抗クイズは他にもいろいろと方法がありますが、言葉だけではなく体全身を使うことでさらに高揚したひとときを演出できそうです。

絵心ゲーム

グループ分けをしてチームが作れるほどの人数がいない場合には、司会者のお題に全員が一斉に答える形式がおすすめです。たとえば、絵心ゲームは司会者が出したお題に沿って全員が絵を書くだけのものですが、意外に上手な人もいて、大いに盛り上がるでしょう。お互いの絵を面白がるだけではなく、お題に一番近い絵を描いた人を優勝として景品をプレゼントすることもできます。豪華な景品を用意すれば、参加者の心をより惹きつけることもできるのではないでしょうか。

以上のように、忘年会におすすめのゲームには王道のものから変わり種までさまざまなものがあります。参加者の注意が逸れてきたなと思ったら、司会者が独自にルールを変えてみても良いのです。いずれにせよ、会社の誰もが気軽に参加でき、全員が楽しいひとときとなるように心配りをするようにしましょう。

忘年会のゲームで簡単に盛り上がるとっておきの方法Shaddyのギフトマナー辞典で公開された投稿です。